インベストクラシー創設者 日本とインドを拠点に 日本では1件のファンドレイズを成功に導いた。過去3年間、ベンチャーキャピタルとプライベートエクイティの分野に携わってきました。

インドは、コロナ戦士に高品質の個人用保護具を提供することが懸念される中、わずか2ヶ月で個人用保護具(PPE)の世界第2位のメーカーとして浮上した。インドは現在、毎日450,000 PPEを生産し、国の600以上の企業がそれらに証明書を取得しています。

Alok Industries、JCT Phagwara、Gokaldas輸出、およびAditya Birlaのような企業は、PPEキットの製造における国内の主要なプレーヤーの一部です。これらは、医療専門家の保護の高いレベルのために意味保健家族福祉省によって規定されたように厳しい技術的要件を持っています。セットは、人の体に完全なカバーオールを提供し、病気の人との近接にもかかわらず感染を防ぐフェイスマスク、ガウン、手袋、ゴーグル、ヘッドギアなどが含まれています。

国内の主要企業がベンガルールで生産を開始したことで、ベンガルール市はインドのPPEの50%を生産している。これは、繊維委員会は最近、PPEの品質をチェックするために意図的に合成血液浸透試験装置を立ち上げたと言われています。繊維省は、ツイートの中で、我々は欧米諸国へのPPEの輸出業者になる機会を探していることに言及した。

Empowered Groupの会長によると、「試験の生産性を高めるために、約300万台のPPEが州に送られています。PPEはどの国にとっても不可欠です。

モディ首相の「Atmanirbhar Bharat」または自給自足のインドのための最近の呼び出しに沿って、国は将来の第二のパンデミックのために自分自身を準備しながら、ヨーロッパ、アフリカ、南米にPPEを輸出することもできます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です